TOPページ 研究会概要 アラミド繊維シート アラミド補修補強工法 設計施工指針など 研究成果 施工事例 樹脂の品質規格
繊維補強関連リンク お問い合せ
アラミド繊維シートは、耐震補強、劣化補修・補強など幅広く用いられています。しかし、鉄道高架橋柱の耐震補強には、高性能で施工性は良いが、鋼板巻立て工法などに比較するとコストが高いため広く普及していないのが現状です。そのため、アラミド繊維シートの特徴を生かし、高伸度繊維を組合わせた工期短縮、工事費節減の新しい耐震補強工法を開発しました。
柱のせん断補強区間には高強度アラミド繊維シートを、じん性補強が必要な区間にはポリエステル繊維などの高伸度繊維シートを用いています。
本工法は北海道大学上田多門教授の指導を受け、アラミド補強研究会特別部会が開発しました。
設計法については、「既存鉄道コンクリート高架橋柱等の耐震補強設計・施工指針 A&P耐震補強工法編 財団法人 鉄道総合技術研究所」に従って下さい。
A&P工法を適用した場合の概算直接工事費(地業および架設工事費を除く)
高伸度繊維を利用したシートはアラミド繊維の4〜6倍の伸度を有し、橋脚の変形に対して繊維が破断することなく、追従します。
A&P耐震補強工法に使用する連続繊維シートの種類と特性は以下のとおりです。
■アラミド繊維シートの種類と特性
繊維種類 単位 アラミド1 アラミド2
品番
AK-600
AW-600
AK-900
AW-900
AK-1200
AW-1200
AT-600
AT-900
AT-1200
繊維目付量 g/m² 415 623 830 235 525 700
厚さ mm 0.286 0.430 0.572 0.169 0.378 0.504
公称強度 N/mm² 2100以上 2400以上
ヤング係数 KN/mm² 118 79
破断伸度 % 1.8 3.0
保証耐力 kN/m 600
900
1200
600
900
1200
 
■高伸度繊維シートの種類と特性
繊維シートの種類 単位
ポリエチレンテレフタレート繊維シート(PET)
ポリエチレンナフタレート繊維シート(PEN)
品番   PET-600 PET-900 PEN-600 PEN-900
製造者   ファイベックス 前田工繊   ファイベックス/前田工繊  
繊維目付量
g/m² 1250 1161   1158    
厚さ mm 0.906 0.841   0.848  
公称強度 N/mm² 740   790  
ヤング係数 KN/mm² 10±1
 
15±2
 
破断伸度 % 7%以上
 
5%以上
 
保証耐力 kN/m 600
900
600
900
※PET-900, PEN-900は現在開発中です。
■繊維シートの問い合せ先
前田工繊株式会社 メンテナンス営業部 TEL:03-3663-9936 FAX:03-3663-9930
ファイベックス株式会社 土木部 TEL:03-5579-8291 FAX:03-5579-8292



Adobe Reader PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。
ご使用のシステムにインストールされていない場合は、ADOBEのサイトよりダウンロードしてください。